ジキルとハイド気まぐれ雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】怒り

<<   作成日時 : 2016/09/24 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

備忘録も兼ねて観た映画の三行感想メモをブログに描くことにしました
考察や詳しいデータはないです。

画像

『怒り』

公式サイト>>http://www.ikari-movie.com/


劇場予告で流れた「怒り」のゲイシーンで
「ハハッ そんな餌につられ…ちょっと私の中の腐女子座って。
サスペンスなのかなーあんまり観ないジャンルだなぁ…だから座ってて。座れ!!」と
インサイドヘッド状態だったのですが本日友人と2人で観てきました。

劇場内に響き渡るローションの音、息遣い…なんかもう…

…………

……はー……(顔を覆う)

シーツでうつ伏せから顔を上げたときの唾液の線が見えた途端
私の中の腐女子が敬礼してた。

まぁこんな腐女子歓喜みたいな事書いてますが
確かにゲイシーンはインパクトが強いですが劇中の時間からするとかなり少ないです。
登場人物にゲイがいる。っていうだけの印象
正直萌えたけどね!


原作は未読なので頓珍漢なことを言っている可能性が高いですが
偶像劇でキャラの多さも相まってサスペンスとしては正直物足りなさを感じたんだけど
役者さんたちの凄みはものすごく感じました。

「信じていれば。」と「信じなければ。」が交差する作品でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【映画】怒り ジキルとハイド気まぐれ雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる